情緒と情緒教育とは

希望の樹

03-3984-8966

〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷2-17-24

営業時間:時間割にてご確認ください 定休日:日曜・祝日

lv

情緒と情緒教育とは

情緒と情緒教育とは

情緒とは物事に触れたときに起こる感情や思いをいいますが、それによって自分の判断や行動が決まるわけですから、とても大切な心の働きです。この情緒が不安定であれば物事に集中して取り組むことはできません。又、周りの人に迷惑をかけることにもなります。何よりも本人が幸せを感じることはないでしょう。情緒の安定なくして学力を伸ばすことは不可能です。では、豊かで安定した情緒を育むにはどうすれば良いのでしょう。

情緒を育むところ、それは基本的には家庭です。親の無条件の愛情が情緒教育の土台だからです。特に幼少期の家庭の教育環境が子供の未来を大きく左右するといっても過言ではありません。家庭の教育環境の良し悪しは、必ずしも保護者の経済力では決まりません。愛情の深さと工夫で決まります。(例えば、口論の多い家庭で育った子供は、将来、非行に走る確率が高くなるといわれています。)


情緒教育のポイント◆
(小学生についてのものですが大部分は中学生にもあてはまります)

① 安心感を持たせること
情緒を育むうえで最も大切なこと。それは安心感です。具体的には

  Ο 親子で触れ合うスキンシップの時間をタップリとる。(時間のない方は質重視)

  Ο 子供が楽しく過ごせる環境を大事にしてあげる。

  Ο 多くの自然に触れ、親とのコミュニケイションを増やす。

  Ο 絵本を読み聞かせ、絵をかき、音楽を楽しみ、体を動かす。

② 子供の心の邪魔をしないこと
どんなに幼くても、子供は親とは別の独立した一個の人格として尊重し、自信を持たせることが大切です。自尊心を傷つけるようなしかり方は避けましょう。

子供のペースで学ばせることが大切です。
(強制・強要・脅迫は厳禁です)

安心と自信に満たされた時、子供は自らの意志で驚くべき速度で学び伸びていきます。

この子供の生命から自ずと湧き上がる伸びゆく力こそスマート学習のエンジンです。

だからこそ、最も効率の良い学習が可能になるのです。

CONTACT

CONTACT

〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷2-17-24
営業時間:時間割にてご確認ください  定休日:日曜・祝日

TOP